profile


1947年生

12歳より金剛流宗家・二世金剛 巌氏に師事

これまでに「 翁 okina 」、「 道成寺 doujyouji 」、「 卒都婆小町 sotobakomachi 」、「木 賊 tokusa 」、「 鸚鵡小町 ohmukomachi 」、「鷺 sagi 」 などを披く

 

外国人を含む20余名の能楽師・師範を育成し、その内 9名は能楽協会員( プロ )として活躍中

ライフワーク : 河田小龍(坂本龍馬と海援隊の指導者)の曾孫として、父 ・隨 生の 「 幕末における研究 」 を受け継ぐ

 

金剛流宗家直流職分  ※ 職分=流儀を伝承して、能楽師(プロ)を養成することができる権限を持っていること

金剛会  副理事長  日本能楽会 会員  重要無形文化財総合指定保特者  

宇高会・会長  景雲会 ・ 面乃会  主宰         

 

1985年    国際能楽研究会 ( INI ) 創立

1986年 日米文化交流の会・能楽公演団長

松山藩のお抱え能役者の家系を継ぐものとして、

1991年 初世・宇髙六兵衛喜太夫追善能を開催

1997年 明治まで続いた松山稽古舞台を再興する

2001年より新作能に意欲的に取り組み 

2002年 正岡子規没後百年記念「 子 規 」  

2003年 世界平和祈願 「 原子雲 」 、 高知県立美術館開館10周年記念「 龍 馬 」を初演する

能の大曲十番に挑むという試み 「 三輪清浄 」 を東京・国立能楽堂でスタートさせる

2007年 ユネスコ世界遺産 厳島神社・御神能にて「 翁 付 ・ 高 砂 」を宇髙家として260年振りに奉納

2010年 松山・東雲神社(松山藩の神社)の東雲能復活に尽力、以後毎年奉納

 

新作能『原子雲』は2003年の初演に続き、2004年・2005年に東京国立能楽堂で再演を果たす

「 藝術を通じて平和運動を行いたい 」 との意思を持ち海外公演へ、 

2007年11月文化庁国際文化交流事業に採択され、パリ日本文化会館 ・ ドレスデン国立劇場 ・ RBBベルリン放送会館 にて、それぞれ 「 高 砂 」 「 葵 上 」 「 船弁慶 」 「 祈 り(原子雲)」を公演 また、五十点余の能面をパリとベルリンで展示

 

 


 

 

 

宇髙家

family

 

(右)  長男  竜 成     tatushige

(左)   次男  徳 成     norishige

(手前)     孫   滝太郎  takitarou